ようこそゲスト様 | ログイン | 会員登録 | パスワード再発行 |

ホーム > 服用できない人

STOP!服用してはいけない人もいます。




勃起不全の治療薬として有名なバイアグラですが、以下のような人は服用の禁止、または服用の際には注意をする必要があります。

まずは、まずは狭心症など他の併用している薬との飲み合わせが悪い場合には、バイアグラを服用してはいけない人もおられます。

狭心症などの治療で使用されているニトロールやシグマートが含まれている薬や、ニプラジロールなどの緑内障の点眼薬など、多種多様なものがありますので、泌尿器科などで医師の診断を受ける際には、服用している薬を全てお医者さんに告げるようにしましょう。

お医者さんにかかる際には、健康のために飲んでいるビタミン剤や、滋養強壮の健康食品も、服用している旨を伝えておくようにします。

服用の際に、効果が感じられないから、と追加でもう1錠などと、個人の勝手な判断で、服用の数を増やして、飲み方を勝手に変えることは避け、効果を実感できない場合には、医師と相談をするようにしましょう。

クリニックの中には、バイアグラを一緒に服用してはいけない薬の成分の一覧をホームページに載せているところもあります。

他にも、バイアグラでアレルギーを起こしたことがある方、心血管障害で性行為自体を医師から止められている方、肝臓の病気、血液の病気、6ヶ月以内に心筋梗塞や脳出血を起こした方、そして低血圧、高血圧の方もバイアグラの服用が禁止されている場合がありますので、服用の際には必ず医師に相談するようにしましょう。


バイアグラとは?
バイアグラの効果
バイアグラの飲み方
バイアグラで早漏も解消!?
バイアグラの副作用
バイアグラ・レビトラ・シアリスの比較
バイアグラ100mgの合法性について



ようこそ ゲスト さん、ショッピングを楽しまれてください。