ファイザープラス

ジェネリック医薬品について


新薬が発売されますと製造元に一定期間の薬事特許が与えられます。特許期間中は別の製薬会社が同じ有効成分の薬品を製造することが禁止されます。ジェネリック薬品とはこの特許期間の満了後、別のメーカーから出た同じ成分同じ効能の薬品をのことを言います。開発費が定価にのっていないため、先発品よりも価格が40%〜80%と安く発売されます。製品名や色形はメーカーごとで設定しますのでメーカー別でそれぞれ異なりますが、含有成分は同じで効用の方も同様です。
日本の医療現場では患者の負担が決して低くなく、これを軽減すべくジェネリック医薬品の普及に厚生省が乗り出し、広く知られるようになりました。呼称方法が特徴的で、製品名がメーカー数と同じだけあり、参入が多い製品は混乱が予想され、投薬ミスを未然に防ぐ目的で、成分名やジェネリック●●(純正品名)と呼ばれたりします。

日本ではバイアグラの有効成分含有量は25mgと50mgのみの取り扱いです。外国では体格差があるため 100mg の取り扱いがあります。「ファイザープラス」では、ジェネリックバイアグラ 100mg の取り扱いもございます。

ご購入はこちらから